モノづくりの素人と致命的な遅れ

サンプルの開発を始めて約半年ほど経ちましたが、なかなか納得できるものが作れない。

改めて自分自身がモノづくりのド素人でカットソーに強いパートナーを先に探すべきだったなと大きく後悔しています。(当初、地場の有力なパートナーを探したのは探したのだが、結局は相手にしてもらえてなかった。。。ようは突然連絡が来なくなった。たぶん、私が夢みたいなことばっかり言っていたので、現実的に私の要望に応えるのは難しかったんだろうなと。)

モノづくりは日本生産を諦めて、中国の3省にまたがって、それぞれのOEM会社と何度も何度も英語、中国語、日本語を交えてのコミュニケーション。google翻訳やwechat、alibabaのアプリなどが非常に便利で言葉には困らないが細かいニュアンスを伝えるのが非常に面倒くさい。たぶんOEM会社からの私に対する心証は最悪であまり良くないと思う。そういう中でもとある会社の女性スタッフが非常に献身的で商品開発面で物凄く助けられています。

現在、計7型を企画開発し、そのうちの3型は12月初旬に日本、中国の工場でサンプルを作成し12名の協力者によるモニター調査を実施しましたが、評判が芳しくなく失敗に終わりました。

やはり頭でっかちになっていて顧客が見えていなかったなと。

ただ、スタートしてから失敗するよりはリスクも少なかったと前向きに捉えていて、1月中の2回目(最終)のモニター調査を実施するために3型(+1型※こちらは隠し玉として準備)を新たにサンプル作成を行い、何とか及第点がもらえるレベルに近づいているのではないかと考えています。今回は1回目よりも若干規模を拡大して約20名の方々にモニター調査に協力してもらう予定です。

また当初の事業開始予定も2020年度内でのスタートでしたが、現実的には2021年の2月もしくは3月くらいになるのではないかと。(何度もリスケして関係者も呆れているかも。。。)

商品の仕様が確定すれば全てが動き出せると思いますので、まずは2回目のモニター調査で良い評価を獲得できるように頑張りたい。

以下の写真は失敗作2型。(;´д`)トホホ。。。

■1着約2万円の日本生産のサンプル。約**万円をドブに捨ててしまいました。。。
ただ、構想自体は2ndサンプルに受け継がれているため、完全な失敗ではなかったかも。
■メチャメチャタイトな仕上がりで窮屈すぎて深刻なクレームが。。。中国の朋友に紹介してもらった業者を使いましたが、まったく生地、縫製などすべてが満足できない仕上がりでした。残念。。。ただ今回のやり取りで中国OEM会社とのコミュニケーションの方法や仕様の指示方法などを学びました。そういう点ではいい勉強になったなと。

検索ワードの重要性とPSM

 昨日とある人とお話ししていた中で検索ワードの重要性についてご教示いただいた。

 新しく起業した方が検索ワードを考えていなかったため、起業し商品を開発し販売を進めたにも関わらず、検索ワードが無くネットで検索できなかったため、商品が全く売れなかったとの事だった。

 同じく昨日、同様にPSM分析についてご教示いただいた。

〇PSM分析は、生活者の感覚から商品・サービスに対する受容価格帯を解析する分析手法

〇価格に対するアンケート調査結果から下限価格と上限価格、及びその間に存在する最適価格、妥協価格を導く。

〇新商品の市場導入価格の設定や既存商品の価格見直しの際、価格の受容性を探るのに適した手法

 検索ワードもPSMも全くと言っていいほど、理解してなかったので非常に勉強になりました。

アホな経営者

アホな経営者というのは優しさを言い訳にして、自身の会社や事業や部下、働く人に対して厳しくなれない人の事ではないかと思う。

そのような無関与で、結局は自身が関与しなかったが故に、部下の責任にしてしまうような人が一番、性が悪いと思う。

経験則から書いてます(笑)

著名なコンサルタントからの連絡

昨日はアパレル業界では著名な戦略コンサルタントでターンアラウンドマネージャー(業績不振に陥った会社を再生する仕事)の河合拓さんから久々にご連絡を頂いた。

このコロナ禍の状況でアパレル各社の業績が3月、4月と惨憺たる状況を心配してのご連絡だった。具体的には「どこのアパレルも相当苦しんでおられるでしょう。こうした状況を組織的に支援したいという思い」でとの事だった。

自身の退職の事を報告していなかったため、これを機会に起業の件も含めて報告したところ、「困ったことがあれば連絡するように」との温かいお言葉を頂いた。

拓さんも業界自体が厳しく、ご自身も苦労されているにも関わらずその気持ちが非常に嬉しかったです。

河合さんのような本当のプロフェッショナル(フィーもかなりの高額です)と一緒に将来また仕事ができるように、自身も絶対に成功しなければならないと思いました。

アパレルで瀕死の状態で困っている大企業たある一定規模以上の中企業があれば、ぜひ河合拓さんに相談を!!

河合拓さんのblog:https://ameblo.jp/takukawai/

河合さんの名著:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%A7%E7%AB%B6%E4%BA%89%E3%81%99%E3%82%8B%E6%8A%80%E8%A1%93-%E6%B2%B3%E5%90%88-%E6%8B%93/dp/4478020558

河合さんの最近の寄稿:

https://diamond-rm.net/management/56929/?fbclid=IwAR3pvTKUG2AAz4l8bmYI78o9501v8EU9dy554geMeOxqptNr9N3AGTAC38A

河合さんの新しい書籍が近々発売になります。

将来、何がしたいか?

41歳の時に立てた目標。

といってもBSに通っていた時に無理をお願いして論文の副査を担当していただいた教授の授業で自己紹介とともに作った将来の目標。

絶対に実現することを目標に。

起業準備に入ります。

前職を3月末で退職致しました。
たくさんのお世話になった方に退職の報告をした際にほとんどの方に反対されたりネガティブな言葉を頂戴しましたが、その中でも数人の方は賛成、応援してくださいました。
その方々のためにも絶対に今後の人生を成功させることを目標に、今後、様々に発生するであろう問題を乗り切っていきたいと考えています。
退職後、コロナウィルスが蔓延しタイミング的に非常に悪かったと思われがちですが、私は逆の発想で、今回のコロナウィルスの影響で中途半端な経営をしていたところは業界から退場することになり、また固定費(主に人件費)負担の重いLEGACYな会社も同様に市場から退場し業界内での再編が活発化して、また新しい有力な新規企業も出現するのではないかと考えています。その根拠としては、コロナウィルスが直接の原因ではないといわれているところもありますが私がいたファッション、アパレル業界も倒産、破産する企業が多発しているようです。
ところで、Volatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ)という4つのキーワードの頭文字から取った言葉で、VUCA(ブーカ)という言葉があり、現代の経営環境や個人のキャリアを取り巻く状況を表現するキーワードとして最近よく使われています。
このような時代に企業に属し働くこと=安定とはならないのではないかと。
変化に対応し生き残っていくために応援してくださる方と共にその方々の幸せを目標に結果を残せるように一生懸命やることをここに宣言したい。

また、1社目を退職した時に口だけで行動できなかったことを、今度は絶対に実現したい。